結婚、キャリア、子ども、人生の優先順位とは

私は結婚する!を最優先にて婚活に励みました。こういう人は楽なのです、やることが明確なので。

何がしたいかわからなったときは、優先順位一番を思い出すのです。友人A子(20代)がこんなことを言いました。

『私の10歳くらい上の世代の女の人ってさ・・・結婚しなくても、別に構わないと思っているよね?』

・・・む。鋭いところにお気付きで。そう、表向きでは『結婚したい』とは口にするものの、『何が何でも、結婚!』という者ばかりではありません。

・理想に合う人がいたら、してもいいかなー。
・結婚はまだいいから、恋愛してトキめきたいなー。

これぐらいのノリです。私の半径5メートルにも沢山います。そんな女性たちを見て、若い世代が不思議がっていたのです。

『結婚は「いつかするもの」ではなくて、「必ずするもの」だと思っていたから、いかに有利な時に成せるかで、早めに動いたもの!』

A子の中で婚活とは、夏休みの宿題と同じ。

『いつか必ず完成させるもの』は、先にさっさと済ませる。・・・うーん、しっかり者!

実際、彼女は20代にして婚活⇒結婚⇒出産済みです。あと10人くらいは生めそうな逞しさなのです。

何なら結婚だけがしたかった訳でもありません。別の夢があり、学校に通う予定を立てていました。

やりたいことを思い切りやるにも、まずは足場を安定させてから!という強い信念を持ち、婚活を最優先したというのです。それも勉強を同時に進めながらという器用さです。

『今はまだ若いし遊びたいし、落ち着いてからいい人と結婚しようかな〜』

このようなぼんやりした先送りは一切なし。目の前の快楽に流されずに計画を進めていました。

幹(人生の重要なもの)をしっかりとさせてから、枝葉(欲望)の部分を付けていったのです。優先順位をハッキリさせていた結果です。

『幹』は結婚や出産だけではありません。『これ!』と言える、キャリアや仕事。趣味や特技でもよいのです。

幹をしっかりさせてから、枝葉をつける人生は迷いがない。

結婚、仕事、うんたらかんたら・・・望むものを同時にこなす器用さがなければ、『これ!』を決めておくと迷走を最小限に減らせそうです。

仕事人間・B子はというと・・・。『仕事が好きすぎて、絶対に辞めたくなかった。でも子供が産まれたら、この子に夢中!』

幹の部分は、急変することも多々あります。人間とはコロコロ気が変わる生き物でありましたが、それもまた人生・・・。

スポンサーリンク