女扱いされない女、される女の特徴

瓶の蓋開けなど日常の些細なことから、人生の大きなことまで、男性が勝手に寄ってきては世話を焼かれる女。

一方で誰の助けもなく、生活全般から人生の舵取りまで己の腕のみで切り抜ける女。

蓋を開けてみると、自分で何でもできる&1人でもへっちゃらなのは、男に世話を焼かれる側だったりする現実があります・・・。実は助け要らずの身!

本当に支援が必要なのは、『こいつは逞しい!俺の手は不要!』と思われる女性だとしたら、需要と供給のバランスがおかしなことになっています。

『女は守られてナンボ、私は姫となる!今は最強だと思われているけれど・・・!』という方に向けて、イメチェン法をご提案します。

女扱いされる女 VS 女扱いされない女

君は一人でも生きていけるよ!と言われるのか、君には俺がいないと!と言われるのかで生き様が変わる。

自分がどちらに所属しているのか?考えさせられた、夏の恐怖体験である・・・。

尋常ではない悲鳴が聞こえてきた。

目をやると、衝撃的な光景が・・・!男が3人がかりで、女性を道路に押し倒しているではないか。

彼女の浴衣はビリビリにちぎれ、下着も丸見え。見るも哀れな姿に。

すぐ近くで、友人らしき女の子がギャーギャー号泣し、膝から崩れ落ちているではないか。

・・・じ、事件!!!背筋が凍った。こんな駅前で集団暴行なんて。

『警察、呼ばないと!!』

・・・その瞬間、ボロボロになった浴衣女子がこう叫んだ。

『テメェ!泣けばいいってもんじゃねぇぞっ!!!このクソ女がぁぁっっ!!

・・・・・!?女同士の喧嘩だったのか!!

よく見ると、号泣している女の子を大切そうに抱きしめる男性の姿が見える。

『ごめんね、ごめんね!こんなことになって!!』

詳しい事情はわからんが、男女のもつれのようだ。

ボロボロとなった浴衣女子は髪を振り乱し、制止を振り切ろうと叫びながら大暴れ。

彼女が大柄のため、男3人がかりでも押さえきれない様子。猛獣を捕獲する光景が彷彿させられた。

事件を目撃した帰り道・・・、我々は複雑な気持ちとなった。女たちの運命がハッキリと分かれた瞬間を目の当たりにしたのだ。

お姫様のように守られる者、ゴリラのように押さえつけられる者・・・。誰もがあのゴリラ女子に、自らを投影し始めた。

『私、婚活時代はあっち(ゴリラ)の立場だったわ・・・』誰からも守られない孤独に、己を重ねる者あり・・・。

『あの子の体型が、昔の自分にソックリで他人事ではなかったわ・・・』彼女の体型に、己を重ねる者あり・・・。

皆どこかで、ゴリラ側の立場を経験していたのだ。他人の喧嘩によって、それぞれの黒歴史を呼び覚ますことになる。

ここで口を開いたのが、魔性の女A子。彼女は物心ついたころから、守られる側の人間でもある。

『女は言葉遣いが大切よ。見せ方ってあるから・・・!!

・・・確かに!あれではゴリラ女子が真の被害者だとしても、荒くれ者にしか見えない。

女は弱く見せておいて、損はない(本当は最強でも・・・)。他人の乱闘を見て、強く感じた夏であった。

女は姫にも戦士にもなれる

芯の部分が強いか弱いかなんて、初見で見破られることはほぼありません。

本当に支援が必要だったのは、ゴリラ女子の方だったのかもしれない。真相は神のみぞ知ります。

外見や五感に訴える情報にて、イメージが作られます。

女の子扱いされたいのか?戦士として崇められたいのか

こう見られたい!という方向に表面上だけでもまずは整え、本当の自分はあとからじっくりと知ってもらうが吉です。

スポンサーリンク