告白しYESを貰ってからが本番ということを忘れてはならない

これは・・・えらいものが始まったぞ。

ナイナイのお見合い番組だ。(三条市)今回は社長&御曹司限定で、女性からの逆告白バージョン。

イケメン四天王と呼ばれる人気社長の陰に隠れた、感動の物語をご紹介する・・・。

『老け顔の最年少!』と呼ばれる彼が出てきた。確かに老けていたが、まだ26歳という。

製作陣は失礼ながらもピッタリの呼び名をつけたものだ。よく見ると肌がツヤツヤ、間違いなく若手である。

一度も女性と付き合ったことがない彼は、『奇跡が起こるか!?』と三枚目キャラに仕立てられていた。

ところが、奇跡が起こったのである。大変な美人が、『私、B専なので』と老け顔の彼を指名した。

お前にはもうチャンスはないと言わんばかりに、奇跡の女神!老け顔にチャンスが!と番組は煽る。

彼だって選ぶ権利はあるだろうに・・・。確かに、彼女を選ばないのは勿体無いが・・・。

老け顔と女神がほんの少し喋るだけで、ナレーションが入った。『初めて、女性を下の名前を呼んだ!』

もはや応援されているのか、からかわれているのか紙一重だ。言動の一つ一つに注目される老け顔。

このまま女神が彼を選ばなかったら、彼はどうしたらいいのだ。私はヒヤヒヤしながら、行く末を見守った。

女神は老け顔の両親の前でも、『私はB専なので!(彼がいいです)』と宣言。

それ、親の前で言ってもいいか!?と心配したが、全国ネットで『老け顔』と放送されているから大丈夫か。

これにて安泰、よしよし・・・と思った。ところが、女神が他にも気になるイケメンと話し出したのだ。

『結局最後は顔なのか!?』血も涙もないテロップに、1人笑ってしまった。

あぁ、逆告白シーンも落ち着かない・・・。イケメンは喋りも慣れていたし、逆転も十分にあるだろう。老け顔の命運、ここにて尽きたか・・・。

ところが女神が選んだのは・・・老け顔!!!『おおおおーーーーーーっ!!!!』ここ一番、大きな声が出た。(私が)

彼女は、『最初から決めていた』と交際を申し込んでくれた。会場もどよめく、大騒ぎである。

最初から決めていたのならイケメンパトロールなんぞにフラフラ行かないでくれ。心臓に悪いじゃないか。

老け顔・・・本当によかった。自分のことではないが、一安心。

無理めの人を落として浮かれること、そこまで乗り気じゃないけれどOKしてみること、交際の始まりはそれぞれ。

カップルのパワーバランスは簡単に崩れる。美女が老け顔にのめり込むかもしれない。もしくは一瞬で振られるかもしれない。

とにかく初めてスタートラインを踏んだのだ。ゴールではなく、これからがスタート。どうか先々まで幸あれ・・・!!

スポンサーリンク