相手へのこだわりを捨てることにこだわってみると楽になる

日常生活に潜む『こだわり』について考えてみた。
きっかけは友人A子の一言、『私、自分のこだわりの強さに疲れてきた・・・』である。

彼女は自他共に認める、こだわりの強い女。男性への要求もすこぶる高く、譲れない部分が多い。

恋愛以外でも、かなりの凝り性を発揮。歯の治療をするにも、腕のいい歯科医をとことん探すまでは決して動かない。

必死こいて調べたにもかかわらず、ハズレだと嘆いていた。準備が濃い割に、なぜか浮かばれない運命。

私はこだわりは強ほうだが考えることを放棄しているので、もろもろ勢いで決めることがある。例えば・・・、

①部屋を借りたこと

契約の前に内覧をするのが一般的だが、間取り図だけ見てポンと決定。担当者もあまりに楽な客でビックリ。

誰でも中に入れる無秩序な古マンションなので、今ならば絶対に借りない・・・。見知らぬオッサンにドアをドカドカ叩かれたこともあったな・・・(怖)。

そんな部屋に7年間も快適に住み続けた。他を知らなかったから・・・!

結婚後にマンションを買った時も、1つだけ見て即決。夫に至っては当日にさっさと契約したかったようで、源泉徴収を持ち込んでいた。似た者夫婦・・・。

現在、快適に暮らしている。他を知らないから・・・!

②結婚式の会場&ドレス

結婚式当日まで、会場に行ったことがない。自宅から電車で数駅だったのでいくらでも行けたのに、写真でチラっと確認しただけである。

世のカップルがブライダルフェアに行きまくるのを見て、そんなイベント行ってみたかったー!とは思う今日この頃。

口コミすら調べておらず、ぶっつけ本番に。何も問題はなかったし、大満足。他を知らなかったから・・・!

ウェディングドレスの試着も、一発で終わり。100以上の試着をこなした友人もいるので、もっと着るべきだったのか・・・。

部屋も、結婚式も、こだわるとキリがない。他を知らないというのは、こんなにも決断が楽!なのだ。

ならば、婚活もこだわらないと楽に決まるのか?・・・答えはNO。

家や式場は、こちらから一方的に選べる。予約がいっぱいでない限り、必ず手に入るはず。

恋愛、結婚は相手からも選ばれないといけない・・・。両者ともこだわっていたら、平行線のまま。どちらかが歩み寄らねば、永遠に交わることがない。

『この顔は口が微妙ー!』『この年収では少々残念!』『この身長では私がヒールを履くとバランス悪い!』

果たして今こだわっているものは、本当に必要なのか?1ミリの調整に命を懸ける、彫刻家クラスのこだわりになっていないか

大事なことほど、野生の勘(テキトーとも呼ぶ)で決めるのもアリ。

エネルギー消費が少ないので楽であり、結果、いい決断だったと思えることが多いものである。

スポンサーリンク