隙があるオンナ、隙がない女ってどういうこと?

『隙がないって男に言われたの!どういう意味だと思う??』

婚活中の友人に聞かれました。『隙』について、考えてみます。

半径5メートルにいる、『隙がある』と言われる女子たち・・・。彼女たちは男性からのデートのお誘いが絶えません。

何というか、人との間に壁がないのです。気軽に誘いやすいし、冷たくはされないであろう雰囲気を醸し出しています。

一方で、隙がないと言われる女子たち・・・。うっかり誘いでもしたら、厳しくジャッジされそうなのです。

『結婚前提の交際をするに、相応しい男なのか!?』と・・・。はい、私もこちら側の女であります。

これでは重すぎて彼らも迂闊に近寄れないでしょう。では何故、このようなオーラが出てしまうのか?

『遊びならいらない!無駄な時間も、お金も、絶対に使いたくない!!』

隙のない女・A子(アラサー)が言いました。これが答えです。気持ちはわかりすぎます。

無意味な時間を徹底的に避けたいという念が大きすぎる。隙のある女だって、無駄な時間など嫌いでしょう。

両者は同じ思考であるのに、この集客数の違いは何なのか。

私は一つの仮説を立てました。オンナを店に例えると、入り口の作りが全然違うのです。

隙のある女は、扉が開いたままの開放的なお店です。ちらっと覗くだけでも入りやすいし、気軽に立ち寄れます。

沢山の客入りがあるので、接客技術(男性慣れ)も向上。自分という商品を買ってもらうべく、こちらからもお客を見定めます。来客が多いため、手間暇もかかります。

招かざる客が入ってくることを『無駄』とカウントする、隙のない女の店はと言うと・・・。

重厚感溢れる、硬く閉ざされた扉です。

一度店に入ったら、『買わなければ生きて帰れない』雰囲気がプンプン漂います。

冷やかしは愚か、本当は興味があっても入りにくいお店です。扉を開けるのも、かなりの決断が必要なのです。

うーん、書いていて、自分の婚活が苦労した理由が何だかわかってきたような気がします・・・。

絶対に買ってくれるお客(結婚)だけを、最初から選別できません。一撃で決めたいところをぐっと堪え、まずは扉を開けたいものです。

できるだけ接客に慣れて数をこなし、己の技術も向上させる。その中から、良客を選びたいものです。

『急がば回れ』という諺だってあります。一見、無駄な時間と思うウェルカム体制は、男扱いの腕を磨き、ゴールに近づくことになります。

目指しているのは、武術の達人ではありません。婚活も戦場ですが、隙がないと苦戦するだけに。

まずは鍵を外して『商い中』の旗を出すところから。

スポンサーリンク