出前、病院、余計なところでイケメン運をつかい果たすの巻

一生に出会うイケメンの数というのは、それぞれ運命で決まっているのでは・・・という仮説を立てました。
イケメンが出前をしてくれる、デリメンというものがテレビで紹介された話です。
彼らはお好み焼きを配達してくれるようで、高身長の美男子がテレビに出てきました。

イケメンしか愛せない、友人A子に知らせたい・・・!しかし配達エリアが東京都内だけでした。

それにしても、世の女性はデリバリー男子にイケメンなんぞを求めるものなのでしょうか・・・?

私はよく、カレーのココイチで出前を取ります。(ハーフチーズカレーに豚しゃぶ&半熟卵トッピングが永遠のお気に入り)

配達してくれるのはリタイア後であろう中高年男性ばかりです。イケメンどころか、若メンすら来たことがありません。

・・・しかし、それが最高にいいのです。

スッピン、メガネ、パジャマ、ボロボロでもOK。どんな姿でも、気兼ねなく出前を頼めます。

若いイケメンが持ってくるなんて、落ち着かないでしょう。たかだか1分の滞在ですが、濃度が違います。

イケメンを見たくて出前を頼んだこともバレバレだし、どの面下げて受け取ればいいのやら。

うっかり来てしまったイケメンならば諦めもつきますが、同意の上で呼ぶならばそれなりの身支度が必要です。いらん配慮と責任感が湧いてきます。

イケメンは婚活や会社で出会うならばいいですが、それ以外は極力出会いたくない人種です。

よく遭遇するのが歯科医、産婦人科医。せめて眼科であったら・・・!また、美容師のイケメンも苦手です。

『え~!?なんで!?ちょっとでも見た目がいい方が、嬉しいじゃない!』

友たちは口を揃えます。確かに、これが世の女性の意見なのでしょう。

爺さまだと安心する私って一体・・・!誰も自分のことなど見ちゃいないのに、自意識過剰なのです。

20歳だった頃、火事で部屋を焼いたことがあります。台所は黒焦げとなりました。

壁紙を貼りにやってきた業者が・・・モデル級のイケメン!よりによって、こんなところでイケメン運を使うとは・・・愕然としました。

6畳一間だったので着替えることも化粧することもかなわず、起きぬけのボロボロ姿で彼が出て行くのをじっと待つばかり。

早く終わってくれ・・・苦しい時間でした。そのトラウマのせいかもしれない。

予想外のイケメン登場は、時に迷惑・・・!

テトリスの棒のような感じです、必要な時には来ないもの。

スポンサーリンク