なぜ若い女は現実を見据え、アラフォーほど夢を見るのか

かつて所さんのダーツの旅で、えっらい子供を見かけたことがある。聡明そうな顔をした、小学六年生の女子だ。

好きなタイプは?と聞かれた時に彼女はこう答えた。

『礼儀正しい人がいいです。好きなだけで世の中渡って行けるほど、甘くはないでしょう?』

スタジオ、どよめく。12歳のセリフではない。私の友人など40歳だが、タイプは超イケメンや大富豪だぞ。

次に将来の夢は?と聞かれ、こう答えた。

『両親が教員なので、私も教員になりたいです』驚くことに、どこの中学を出て、どこの高校、大学・・・更には老後のプランまで決まっていたのだ。

私など12歳の頃は漫画家になりたかったな。老後のプランどころか、明日のことも考えていない身よ。

結婚相手はどんな人がいい?の質問には対しては、このように言い切った。

『一級建築士がいいです!』またまたスタジオがどよめく。一級建築士!

重ねて言うが12歳だ。小学生の頃、一級建築士という単語すら知らなかった私って一体・・・。

一体この子は、どういう大人になるのだろう。末恐ろしい落ち着きである。

私は一つの仮説を立ててみた。この子の母親は、婚活で苦しんだのではなかろうか。

娘には同じ苦労をさせたくない・・・!の一心にて子供の頃から英才教育(恋愛&結婚)をした可能性がある。

私の半径5メートルでも婚活にて苦労した仲間たちは、娘には同じ轍を踏ませまいと今から意気込んでいる。

年頃になったらあれこれ吹き込むつもりだと、スタンバイしているのだ。

我々の親世代のように誰もが当然のように結婚する時代だと、結婚するのは大変だ!なんて感覚は薄い。

『結婚しなさい!』『早く孫が見たい!』悪気もない彼らは気軽にプッシュしてくる。

今回見かけた一級建築士と結婚したい12歳・・・親もアラサー世代であろう。

今どきの子供や若者がしっかりとしているのは、若い親による現実を吹き込む教育方針ではなかろうか。

かくして夢見がちなアラフォーに対し、やたらと現実的な子供達のできあがりとなる。夢がないと言ったら、夢がないのだがが・・・!

子どもらしい夢『ケーキ屋さんになりたい』は絶滅。大人になると、夢と現実の調整が難しくなる。

せめて子どものうちは可愛い夢を見ていておくれ・・・。嫌でも現実には直面する時期は来る。

スポンサーリンク