結婚願望がない男性、もっとはっちゃけて欲しい説

どうも男の『結婚したいタイミング』によって結婚時期が左右されているような気がする。何だか立場が強そうな彼ら。

苦労する女が多い婚活界だが、ヒト科以外の動物ではオスが悲惨な目にあっていたのだ。ご紹介する・・・。

例えばアザラシ、オス1頭が100頭のメスを率いている。それだけゴッソリ持っていかれたら、他のオスは取り分ゼロ!

一生交尾をすることなく、殆どのオスが死んでいく。遠くでハーレムを眺めるだけの人生。

1対100て・・・いくらなんでも多すぎやしないか。分かち合いの精神はないのかね。

私はアザザラシのゴマちゃんを愛してやまないのだが、これほど欲深い種族だったとは・・・。驚きを隠せず、ちょっと見る目も変わったぞ。

アンコウに至っては想像を超える悲惨さであった。オスがメスの体の一部になってしまうのだ。

オスの心臓&脳は無くなり、自我は崩壊。顔もわからなくなり、メスの血管から栄養を供給されるだけの存在となる。考えるだけでもおぞましい現象。

深海ではオスとメスが出会う確率が極端に低いので、繁殖チャンスを逃さないように一体化してしまうのだと。

己を失くしてでも、子孫繁栄に貢献するとは。なんて責任感なのだ、アンコウよ・・・。

いい男(女)がいない!出会いがない!とは言っても、深海よりはチャンスが多い人間界。

男女が融合する必要もなく、自我を持って各々で生活していけるのだ。なんと恵まれていることか・・・!

心を失い他者と一体化するくらいなら、例え暗い深海で生活していても、1人で彷徨うほうを選択する。独身万歳。

また、モテ男ほど早死にするバビルサという動物も紹介された。牙が長ければ長いほど女子モテする彼ら。

牙が伸びすぎて自身の眉間に突き刺さり、死んでしまうイケメンがいるというので、モテも命懸け・・・!間抜けではない、真剣なのだ。

人間だって首が長い女性が人気の地域もあるし、耳が長い女性がアツい国もある。

日本でもコケシ顔が人気の平安時代から、パッチリ二重が人気の時代まで。

国、時代によって、美醜の基準は様々。牙男子がモテる世界だって存在するであろう。

人間はイケメンほど早死にすることもなく、繁殖のチャンスはフツメンよりも何なら多い。男性たちに有利で安全な世界なのだ。

『人間はだいたいの男に繁殖のチャンスがある』生物学者がこう語っていた。

そうだった・・・アザラシを見てくれ、後尾できるのは100頭のうちの1頭のみだ。

『結婚は責任があるから、ちょっと今は・・・うんたらかんたら・・・』などと尻込みせずに、オスが人間生活を謳歌してくれれば、婚活界も活性化してくれるであろうに・・・。

スポンサーリンク