似ている芸能人って誰?と聞かれて困る件

『芸能人で誰に似てるって言われる?』見たことあるけれど誰だかわからないんだ〜と、私に答えを求めるのです。

返答に困るので『知り合いに似ているとよく言われます』としておきます。

昔、昔・・・。私はアルバイト先にて、ある女優に似ているとよく言われていました。

そんなものは社交辞令だし、目と鼻の数が似ているね!くらいの程度だから適当に流せばいいものを、A子(推定アラフィフ)だけは毎回、突っかかってきました。

『ええっ!?全然、似てないよ~!』すごい剣幕で否定してくるのです。

お世辞くらい、本人だってわかっています。しかし彼女は店一番のお局だったため、笑ってやり過ごすことにしました。

1番厄介なのは、お客様に似ていると言われた時です。A子はどんなに遠くにいてもちゃんと聞いていおり、『そんなの、全然似ていませんよ!この子は清水ミチコですよ!』と、私はミチコに仕立て上げられたのです。

当時の私は、ミチコがどんな方だか知りませんでした。まぁA子がプッシュするということは、一般的に似ていて喜ばれる人物ではないだろうと推測されました。

何度も何度もミチコだミチコだと刷り込んできて、私はどんどん洗脳されていきました。最終形に進化した彼女は、他人を誘導するようになってきたのです。

『そんな人よりも、もっと似ている人がいますよね?ほら、モノマネのしみず・・・?』と、ミチコに導くスタイルに。私は誰だかわからないミチコを演じ続けました。

『君、あの人に似ているね・・・えーと・・・』とお客が悩み始めた時、A子の目がキラリと光って私を覗きこんできました。

『あなたが似ているのは、あの人よねぇ〜?誰だっけぇ~?』

猫なで声を出しながら、首をかしげてきました。『はい。清水ミチコですね!』とうとう、自白にまで追いやられました。

A子は満足げに、それでいいんだぞ・・・と頷いていたのです。

・・・時は流れて、私は彼女と同じくらいの年代となりました。今となってもA子の目的は何だったのか、さっぱりわかりません。

誰得のプレイだったのか。ちなみに我々は仲が悪かった訳ではなく、普段の彼女は良い人だったのです。

若者に煙たがられようが、自分の信念を貫く。勢いをもっと違う方向に活かせば、多くのものを掴めたのかもしれません。

私は自意識過剰なので、哀れな目で見られることを恐れてしまい、若手の前では無駄にいい人を演じてしまいそうです。

A子のような素直さ、潔さを、身につけることはできませんでした。

ちなみに清水ミチコさんではないのですが、山瀬まみさんに間違えられたことはあります。

スポンサーリンク