30歳までに結婚=幸せ!?

30歳までに結婚したい!

『30歳までに結婚=幸せって誰が決めた!?』

メディアがそんなことを言うから、『30歳までに結婚しなきゃ!』と女子が焦るのだろう・・・という記事を発見。

・ちゃんと働いて稼ぎがあれば、  無理して結婚しなくていいよ!

・結婚したって離婚のリスクもある。結婚で幸せになれるのは結婚しなくてもいい、自立した人だよ!

・・・などなど、自立推しが散見された。

焦らずともいいよ・・・という導入は女子大生向きの雑誌だからだ。  

孤独と結婚は関係ない

このようなことも書いてあった。

『孤独と結婚は関係ない』

私が婚活に力を入れた理由の1つに、孤独がある。

結婚と関係がないとは、どういうことなのか。

『自分から外に出て行く積極性、人から会いたいと思われる魅力的な人でいる努力が大切』

孤独にならないために必要とのこと・・・。

私の考える孤独とは、少しニュアンスが異なる。

信頼できる友達がいるのは大前提、それでも孤独を感じたのだ。

それぞれに家庭というベースがあり、彼女たちにとって友達は『娯楽』に近い位置付けに見えた。

どれだけ楽しい時間を過ごそうが、自分のことを待っている夫や子供の元へと帰るのが既婚者。

私は電気の点いていない部屋に1人で戻る・・・。

なんて可哀想な自分!被害妄想が止まらない。

家庭での予定がまず固まってから、『空いた時間に』友人との予定を楽しむ既婚者。

私にはベースとなる家族がいないので、優先順位の1番が友人・・・温度差が辛く感じた独身時代。

若い頃はまだ似たような境遇の友人が沢山いたが、アラサーにも差しかかるとどんどん周りは結婚していく。

顔に当たる北風が以前よりも冷たく感じるのもちょうどこの頃から。

美しいはずのイルミネーションに切なさを感じたのもこの頃である。

『私は結婚しない!したくない!』

と長年言っていた友人(アラフォー)が、この1年でドカドカと結婚を決めた。

年を重ねると更に肌も敏感になり、北風の冷たさをより感じたとのことだ。

30、40の節目に駆け込み婚が増えたのも、潜在的に●●歳までに!があるのかもしれない。

誰と結婚しても、何かある

婚活中に大事な心構えが書いてあった。

『この人と結婚できるか』『結婚してうまくいくか』先のことを考えるのは意味がなく、今この瞬間を楽しく過ごして関係を良くする努力をしましょう・・・とのこと。

誰と結婚しても大なり小なり、絶対に何か問題は出てくる。

『いかにこの人とやっていくのか』と前向きに考えるのが結婚。

結婚もしていないうちから、『この人とやっていけるのか』と考えすぎても答えはでない。

なぜなら簡単にサヨナラできる関係だからだ。無理してやっていかなくてもいいのである。  

スポンサーリンク