婚活アプリで勧誘を避けるためには

婚活アプリで課金サイトに誘導される

婚活アプリにて詐欺に遭いそうになったという、友人A子(アラフォー)がいる。

モデル級のイケメンからメッセージをグイグイ貰ったかと思いきや、課金サイトに誘導されるという古き良き(!?)手法であった。

思い返せば、そのようなアルバイトをしていたという者がいた。

オフィスにPCが並べてあり、美女になりすまして男性とメールする。

セクシー画像を送れと要求されれば、適当な画像をネットで拾ってきて送ると・・・なんて仕事じゃい。

一応、血の通った人間と交信しているとはいえ、相手が異性とも限らない。

そう思うと友人A子は、誰とメールしていたのか・・・。 今となっては知る由もない。

グーグル画像検索にかけたら、グイグイきたイケメンは無名のモデルであると判明したようだ・・・。

勝手に画像を使われて、彼も被害者である。

ネットワークビジネス男、現る

アプリ界にも慣れてくると、次から次へと新キャラが現れる。

『ちょいと・・・次はマルチが出たわよ!!』

彼女はイケメン“しか”愛せないため、詐欺事件も笑いに昇華させて、懲りずに次もイケメンへと走った。

今回の男性は実体を持つ人間であったので面会はできたようだが、どうにもこうにも様子がおかしい・・・。

いかに、自分が良質な人とばかり関わっているか。
いかに、今の生活がすばらしいか。
いかに、自分がついているか。

熱く語る彼が、どうも狂信的。これは・・・マルチな男の特徴では。

彼女は思ったままを口に出してみた。

すると彼の表情がスッと変わる。図星であったようだ。

一瞬の気まずい空気を振り払うかのように、再び『ポジティブな俺』トークに舞い戻った。

彼はさり気なく自社の商品を宣伝しながら、A子を勧誘する気などないと、警戒を和らげながらも緩めに勧誘をしてきた。

そのまま、微妙な空気にて解散・・・。

婚活アプリでの勧誘を避けるために

後に彼女は研究し、独自の理論を打ち立てた。

『Facebookの友達1000人以上⇒マルチの可能性あり!
10人前後⇒なりすまし詐欺の可能性があり!要注意よ!』

彼らが好んでSNSで使うキーワードなども突き止め、次に出現した時の対策まで練り始めた。

相手のFacebook写真をざっと見て、キラキラした怪しげな会合写真などを見つけては拡大&手がかりを発見し、マルチな集団だと突き止めるほどの探偵スキルまで身に付けた。

そんな技に磨きをかけている場合ではないが、アプリだと遭遇率も高くなるので、事前に排除するという施策だそうな。

マルチな彼らの熱く人生を語る姿が異常とは、何とも切ない。

胡散臭くなく熱くなるのも、才能が必要だ。松岡修造さんのような良質な熱さとなると、カレンダーも売れる。

スポンサーリンク