ホテルのバーでお一人さま飲み♡出会いはあるのか?

『あちらのお客様からです』すっとカクテルが出てくる・・・。  

カウンターの向こうには、イケメンが!ドラマのような出会い、経験した人はいるのでしょうか。

ちなみにスナックの出会いで結婚した友人はいます。

同じ酒場繋がりですが、お一人さまバーは果たして・・・?

ホテルのバー、お一人さま事情

『○×ホテルのバーに行ってみようと思うの!  出会いはあると思う?』

このような宣言を友人からよく聞く。

私は某ホテルのバーでアルバイトをしたことがあり、1人で来店する男性客が多い印象を受けた。

しかし彼ら、出会いなんて要らないように見えた。

好きな酒を1・2杯飲んで、さっと帰るだけ。あちらのお客様からですプレイとは程遠い・・・。

複数人で来る男性もビジネスの話に夢中で、周りなど見ていないようだ。

滞在時間も短く、女の長話とは比にならない。

ちょっと引っ掛けて、すぐ消える。当たり前なのだが、1回、2回行ったところでうまく出会うのは低確率。

結局、合コンと同じかい。数をこなした者だけに、可能性がある世界である。

出会い目的の客で溢れる飲み屋とはまるで雰囲気が違う、ホテルのバー。

こうなったら一体感を狙って、スナックに行ったほうがいいのでは・・・・。

むしろ無欲で挑んだ女子会のほうが、たまたま隣の男と知り合うことがある。

友人のモテ子は『出会いは女子と飲んでいる時にこそある!』と豪語する。

街を徘徊するだけで獲物が釣れる。男と一緒にいない時間は、全てが出会いのチャンスなのだ。

出会いの場に全く参加しなくても、いい男が途切れない。モテ子パワー・恐るべし。

では、『あちらのお客様から・・・』 はこの世に存在するのか。

世論を調べてみたら、こんな切ない事件を見つけてしまった。

『あちらのお客様からです!とお酒が出てきたので、なんて素敵な男性!と思い、一緒に飲みました。

「明日、早いので・・」と、彼らは先に帰っていきました。

一緒に飲んだ代金は、全て伝票につけられました!

彼らは私たちと合流する前の会計だけしたようです・・・』

世にも恐ろしい、あちらのお客様詐欺である。怒りのぶつけ先がわからぬ。

手口は卑劣だが、企画力がすごい。その能力、他で生かせなかったものか。

1人でサイゼリアでワインを飲んでいたら『あちらのお客様からです』と隣のオジサンからお酒を貰った友人がいる。

店員は笑いをこらえていたそうだ・・・。真面目にやってくれ。

ある人にはある、あちらのお客様の世界。いつ何時でも気は抜けない。

お一人さま飲みで声がかかる率は日常生活に比例する

元も子もないのですが、サイゼリアでワインをご馳走された友人は、店の外でも激モテしていました・・・。

アルコールで勢いがプラスとなるので、誰でも集客自体は増えます。内容の重い軽いは別として。

結局は普段の実力がモノをいう世界。

戦績不振な者が酒場に身を置いたところで、大ブレイクは望めないということです。

ならば周り道せずに、本場の出会いで心身を鍛えに行ったほうが、総合力アップに繋がり一石二鳥なのでした。

スポンサーリンク