売れない芸人と合コンをしてみたら苦行だった件

売れない芸人たちと合コンを開催したときのこと・・・。

基本は仕事がない彼らなので、18時と早い時間から開始。お笑いに超詳しい友人ですら誰1人わからないくらい、無名の彼らであった。

『こいつ、中国人で日本語が下手なんだ!』そう紹介された男がいた。

『こいつ、昔は北島康介と一緒に水泳やってたんだよ』そう紹介された男もいた。

『こいつ、会社を経営してたんだけど、お笑いに転身したんだ』そう紹介された男もいた。

全員が詳しく自己紹介を開始。どうだ、面白いだろう?そんなオーラを出しながらだ。悲しいことに、盛り上がらない時間は続いた。

お笑い芸人とて、話が上手いわけではない。彼らは内輪ネタで盛り上がり、女性陣は愛想笑い。非常に苦しい流れであった。

『は や く か え り た い』女性陣からのサインを感じたが、彼らはお構いなしだ。宴もたけなわになった頃、衝撃の事実が判明。

自己紹介で語られた設定が、全部嘘とのことだ。

中国人でもなく、水泳もしたことがなく、会社も経営していない。彼らは嬉々として言い放った。

『今日は、どんな設定で演じようかと思ってたんだ!』

・・・い、意味がわからぬ。何故、演じる必要があるのだ。『その方が、盛り上がるでしょ~!?』

いやいや、嘘すら盛り上がっていなかったぞ。ドヤ顔で楽しかったでしょ?言われても参る。つまらない嘘をつくなら、普通の会話をせよ。面白いの押し売りはやめてくれー。

観客の空気を読むことができなければ、喋りで売れることは難しかろうに・・・口が裂けても言えないが。

女性は愛想笑いが上手なのだ。笑っている(ように見える)=面白いトークかませた!ではない。

舞台に立つ者ならばもの言わぬ聴衆の心の声に耳を傾ける・・・。表情や雰囲気を観察して、メッセージを読み取りたいものだ。

合コンなんて相手の反応がダイレクト見えるのだから、簡単なはずなのに・・・!!

スポンサーリンク