第一印象は秒で決まる!愛嬌命!!

通勤ラッシュが少し落ち着いた頃・・・。平和な車内に鋭い空気が流れた。

『あれぇ、逃げるんですかぁ!?』『はぁ!?何言ってるんですかっ!?』

30代くらいの男女が揉めている。お互いを掴み合いながら、電車になだれ込んできた。

なんだなんだ、痴漢事件か。いや、違うな・・・。男の方がドヤ顔をして攻めている。

『あなたの責任なんですからねぇ!?わかってますよねぇ~!?』

何とも耳障りな声と話し方だ。彼が被害に遭ったのだとしても、心から同情できるのか不安になった。

『私があの場所に立ってたの、知ってますよね!?』女も怒りの反撃。かなり地味な人だったが、語気鋭く言い放った。

お互い、一歩も譲らない攻防戦。一体何が原因なのか?乗客の耳は一斉に集中モードに。

お前が悪い、いや知らん、こんなやり取りが何往復か続く『お金、早く出してくださいよぉぉ?』男が粘っこい口調で責め立てた。

そして彼が指先でチラつかせているのは、小さな缶ジュース。あれは・・・!飲んでみたいと思っていた愛のスコールではないか。

J1468-J1469-J1470

どういうシチュエーションだか謎だが、彼の望まないジュースが出てきてしまい、その原因が女性にあるようだ・・・。

乗客一同、『く・・・くだらねぇっ!!』という空気に包まれた。どちらかが『ごめんなさい』で済んだ話であろうに。

小さなボヤ騒ぎであったはずが、山火事へと拡大。『駅員さんのところに行きましょうかぁっ?』

まるで痴漢を捕まえたかのように勝ち誇った口調の男。こんな朝のクソ忙しいときに、駅員さんを困らせるんじゃない。

彼は彼女の腕を掴みかかったが、全力で拒否されてい『あ、ドロボウゥゥ~!ドロボゥ~!』

男は女を泥棒呼ばわりした。もう見ていているほうが恥ずかしい。

次の駅で、二人は揉み合うように降りていく。謎の嵐は過ぎ去った・・・。都心の通勤事情が招いた惨事である。

『なんならそのジュース、私が買い取りますよ?』あぁ、この一言が言えて仲裁に一役買えたら・・・!!

しかし、できなかった。どうしても彼からは買いたくなかったのだ。あの嫌味ったらしい口調や、人を挑発するような憎たらしい目線。

もし彼が合コンに来たら・・・きっとこんな感じかな。『はーい、君は飲んだから5,689円ねぇ?君は一品多かったから、6,745円ねぇ?』

なんて妄想まで膨らまし、どうやったらこのような男とならないか、育児法まで真剣に考えていた。

要らぬジュースを押しつけられて、気の毒なのは彼の方かもしれないが、『誰から買いたいのか?』とは、消費者にとっては案外重要なのである。

彼から買うならば、無機質な自販機から買いたい・・・!!心証をよくしておくのは大事である。

普段の彼は穏やかで性格も良くて、高収入のモテ男かもしれない。(0.001%くらいの確率で)

ところがあの一瞬の争いで、全てを失った。第一印象は数秒で決まるとはよく言ったものだ・・・。

せっかくいい武器を持っていても、『この人から買いたい!』と思われないと宝の持ち腐れである。

逆に大した武器を持っていなくても、『この人から買いたい!』と思わせたら思わぬ高値で売れることもある。

やはり女は愛嬌だな・・・!! 電車の中で強く確信したのであった。

スポンサーリンク