結婚してくれない彼氏との恋のヤメどき

ファッション誌にて恋のヤメどき特集が組まれていた。特に30代で重要になってくるのが、【結婚する気がない彼氏】の扱い方だそうな。

『明らかに大切にされていない恋愛は、彼氏の言動で見極めなさい』とのこと。

このお言葉だけで数人の友人の顔が浮かぶ・・・。

皆、結婚したがらない彼氏にどっぷりハマっている。彼女たちは悩み、苦しみ、迷っている。

結婚話を出しても、自らプロポーズしても、外堀を埋めても、同棲をしようと匂わせても、のらりくらりとかわされ、いつの間にか数年が経った。

別の友人の子供が2歳になったのを見て感じた。この子がオギャーと誕生日して、細胞分裂している間・2年か・・・。

2年もあればこんなにも濃く生きることができるのだ。

待っている2年は辛い・・・!いや、2年どころか5年以上もいる。

酷い者になると粗末に扱われることに慣れすぎて、誕生日にケーキを貰っただけで喜ぶ事態。

『彼は変わった!関係が良くなってきている!』

それ以前に、彼女が申し込んだ誕生日旅行をドタキャンされているのだ。プレゼントのケーキではなくて、様子伺いのケーキであった。

もちろん本人の自由なので、好きなだけ時間を費やしてもいいのだが・・・。

結婚しない彼に執着している女子たちは出産を伴う結婚を熱望する30代ばかり。

結婚だけならば50、60喜んで。何歳でもよいが、子供はそうはいかない。

彼女の結婚願望は絶対に知っているのに、彼氏も彼氏で残酷なものである。

この雑誌特集には、こんなコメントがあった。『彼が結婚したくなるほど、好きな女にならないと♪』

20代の可愛い女子のセリフだ。あんたなら時間もたっぷりあるだろうに・・・!王者の余裕。

こんな前向きな意見があるから、待つ女たちが増えてしまうのではないか。

結婚するする詐欺となると、さらに危険度は増す。『いつか結婚しような!(来世あたり)』と、のたまう手口である。

待つ女子に対して彼氏は「何も考えていない」場合が殆どであった。確かに考えていれば、事態はとっくに変わっている。

彼らに女子の残時間の意識はない。残酷なものである。自分の時間を守れるのは自分だけ・・・。

スポンサーリンク