モテない女とモテる女が逆転した話

モテる女とモテない女が存在するとしたら、モテない女になりたい!と願う者は少数派でしょう。

『そうは言っても、私は昔からモテないし・・・』

いえいえ心配ご無用、その『モテ』はものすごく狭い範囲。

お気軽に新たな畑を発見した、女性の物語をご紹介します!

モテない女が突然、モテモテに!

『B子がものすごくモテていたのよ・・・。私なんてカス扱いだったわ・・・』

同僚A子(美人・アラサー)が信じられないという風に嘆いた。どうやら友人とインドに旅行に行ったそうな。

すると普段は全くモテないB子が我が世の春のごとく、人気者となったという。

行く先々で男性に声をかけられ、激しく求愛されるされる。

あちこちで一目惚れされまくり、断ることが大変な事態に。

隣にいるA子は空気を通り越して、無。

そこに何も存在しないかの扱いを受けた。

日本では全く立場が違う2人に、別の地で逆転現象が起きたのだ。

自分がダイヤモンドになることもあれば、ペンペン草になることもある。

本国に帰ってきて、自尊心を取り戻したA子。彼女には日本の風が合うようだ・・・。

置かれた場所で咲きたいところだが、どうにもこうにも咲けない場合もある。

そんな時は外へ脱出すれば、新たな自分の立ち位置を発見できる。

B子のように国が変わるレベルとなると簡単にはいかないが、日本に来ている外国人に目を向ける作戦もある。

遊び仲間を変えたり、職場外に目を向けるくらいの簡単バージョンでも可能。

もっと細かくなると誰からも見向きもされなかった婚活パーティだって、参加条件を変えたら豊作となる会もある。

完全に三枚目扱いされた合コンだって、メンバーを変えたら一番人気となる場合もある。

1箇所でうまくいかないからといって、絶望するのはまだ早い。

特段苦労することなく、自分が輝ける場所がある。うまいこと見つけたいものだ・・・。

例外が一つだけあった・・・。

『平安時代だったら、すごいモテるよね!』このように言われた友人がいた。

国は移動できても、時空は移動できない・・・!

モテるもモテないも場所次第

地上のどこにいようが圧倒的な集客をほこる天才はさておき、一般女子は有利な畑を見つけることが重要です。

男性だらけの趣味に参加してヲタサーの姫状態となり、心を回復させた友もいます。

コミュニティが違えば、そこはもう違う国なのです。

スポンサーリンク