結婚できない5大女子カタログ

女性週刊誌にて、こんな特集を見つけた。『結婚できない5大女子カタログ』

恐ろしいタイトルであるが、ご紹介する〜。

①クヨクヨ女子〜負のオーラ満載、パワーストーン系、マイナス思考タイプ

・・・すぐに顔が浮かんだ友人がいる。彼女は超がつく美人であるが、気分の沈みが激しい。

一度凹むと『どうせ私なんて』モードに入り、半径5メートルに近寄ると生気を吸い取られる。

結婚するなら陰気な美人よりも明るいブスに限る・・・!と思わされた。

②経験過剰女子〜美人が多く、遊びの誘いですぐに体の関係を持つ

このタイプも周りにいっぱいいる。また、若い女性が陥りやすいパターン。綺麗な花には害虫も寄ってくる・・・。

誰も寄ってこなくて閑古鳥も困るし、訳の分からぬものが寄ってきても困る。

『私って顔が綺麗だから選べちゃうんだよね・・・(だから決められない)』

と20代の頃に言っていた美しい友人も、今やオーバー40(独身)。美人は使用方法を間違えると、婚期が大幅に遅れてしまう・・・!宝はうまく使いたい。

③バリキャリ女子〜男を寄せ付けない空気感、パンツスタイル
バリキャリ女子はモテるのでは・・・?

全く恋愛なんて興味がないわ!と見せかけて、水面下で一気に獲物を仕留めたお局を思い出した。やる気のある者だと、最も力を発揮するのである。

完全にオス化してしまった者もいるので、ギリギリのラインで止まりたい。

④節約ビンボー女子〜婚活をするためのお金がない、雑誌の付録が大好き

私が1番近いのはこれだったな・・・。正確には『消費ビンボー女』である。いいとこナシ!

婚活時代は美と出会いに全ての資産を投下し、裸一貫で嫁にいったものだ。

まぁ私なんぞが必死こいて貯めたところで、貯金額などたかが知れている。

もちろん老後も不安ではあったがあの時、攻めてよかった・・・!攻撃は最大の防御。使うことによって守れる命もあるのだ。

浪費と投資の違いを、間違うことなかれ。お金を持ったまま、あの世には行けない。

⑤夢見るバージン女子〜いつか王子が現れると信じている、年々Hへのハードルが上がる

こちらも何人か思い浮かぶな・・・。彼女たちは案外理想が高いのだ。

現実はどんなものだか経験がないので、仕方ないといえば仕方ないのだが。恋愛ブランクが長くなっても、同じ現象が起こる。

生の現場から遠ざかったら、そこは夢の国。ディズニーランドだけで十分だ。

実は現実を見たほうが、ずっとずっと楽になれる。

スポンサーリンク