第三者への対応で男も女も器が出る

TOKYOの最もチャラい場所で起きた、どうしようもない事件がある。

あれは婚活中の週末・・・、某クラブに遊びに行ったのだ。

店では有料席に座る男性客に、適当な女性客をあてがうサービスがある。その適当な女性客に我々が当った。

店内はぎゅうぎゅうで酸欠状態。立っているだけで疲労していた頃だ。

『お席がありますよ♪』嫌な予感はするが、すし詰め状態で長時間は辛い。椅子を求めて話に乗っかった。

そこには見るからに悪そうな顔をした、間違ったオシャレをした男たちが待ち構えていた。

金のネックレスに、無駄に太いストライプのスーツ。オレオレ詐欺の集団と言っても、納得の風貌だ。

昭和の漫画に出てきそうな、ザ・チンピラな集団である。希望を持ったのが、間違いであった・・・。

・・・いやいや。話せばいい奴らかもしれない!

願い虚しく、見た目のままであった。店員に対する態度が、たいへんに酷いのだ。

命令口調でオーダーをする姿、偉そうな姿勢と悪そうな顔が見事にマッチした。

ところが彼ら、女性にはいい顔をするのだ。

いい顔とは言っても攻撃をしてこないだけで、ふんぞり返った姿勢での自慢大会が始まった。

内容は面白くも何ともなかったが、適当に相づちを打った。

ついには、なんの落ち度もない店員の態度にキレ出した。あぁ・・なんて横柄な集団だ。一緒にいるのも恥ずかしい。

ただの我が儘が爆発だ。ところがベテランスタッフは、顔色一つ変えずに対応した。

夜の荒くれ者なんて、しょっちゅう遭遇しているのだろう。見事な猛獣さばきであった。

男としての器の大きさが、見事に開いた瞬間である。悪党は自分が悪いことに気付いたのか、急に怒りが鎮火したように見えた。

そうだろう、そうだろう。さすがに自分が恥ずかしいと思ったのだろう。十分に反省してくれ。

そう思って、悪党の顔を見ると・・・。『お前、分かればいいんだよ!』まさかの、自分が悪いとわかっていないー!

ものすごく満足そうな表情だ。俺の勝ち!と顔に書いてあるが、完全にお前は負けている。

そして、店員の彼に向かって一言。『ピンドン!(ドンペリピンク)』

出たー、金で解決作戦。お前を許してやる代わりに、ボトルを入れてやるぜ・・・のピンドンコールだ。

我々女性陣はドン引きなのは言うまでもない。ピンドン攻撃がキマったと思ったのか、悪党は恍惚の表情を浮かべている。

もう、何が何だか・・・。これほど格好悪いのに気付かないなんて、幸せ者だ。

ここで俄然評価が高まった、スマートな対応をした店員。

『あの人、かっこよかったねーー!』『ほんと、大人の対応だったわーー!』

それに引きかえ、ピンドン男よ・・・。第三者に対する態度が急変するのはモテないと有名な話である。

彼らはきっと今でも、夜の東京で暴れているに違いない。
せいぜい、日本経済に貢献してくれ。君にできるのはそれぐらいしかない。

スポンサーリンク