上から目線!ともマウント取ってきた!とも思われない、魔法のワード

ちょいワルのパイオニア・ジローラモさんが言った。

『女性のために、花火を上げたよ。50万くらいかな』・・・さすがイタリア人、サービスの桁が違う。

それを聞き、サッカーの武田修宏さんは『バブルの頃に、豪華な食事、プレゼント、スイートルームを取りました。50万くらい使ったよ』

なんと、東西の横綱対決。ちょいワルのおもてなしは金額が豪華だ。

『でも彼女、全く嬉しそうじゃなかったんです。そういうことには慣れている子だったので・・・!』

武田さんは切なそうに言った。なんて贅沢で、とんでもない奴だ・・・!!

『彼女はプライベートジェットを持つ社長と結婚しましたよ!』

・・・すまん、単に実力があっただけか。結果を出す女が贅沢を好む・・・、というのは理解できる。

圧倒的な努力で魅力を高めたか、天から与えられし才能があるのだろう。

問題はいらん心配をする女たちである。同僚に世界レベルの心配症がいる。

『イケメンなんだけど、服がダサくて嫌なんだよね~!』

服がダサいデート相手が気に入らないらしい。悲しいことに、
当の彼女もファッションセンスはないのだ。

私は聞いているだけで胸が締めつけられた。そもそも、そのダサいイケメンに告白された訳でもない。

手に入ってから心配しても、まだ間に合うぞ・・・!またダサくともイケメンであれば、彼女よりは総合力は上だ。

仲の良い子なら『そりゃ、いらん心配だろう!』とも突っ込めるが、とても言えるような間柄ではないので押し黙った。

武田さんのプライベートジェットの彼女であったら、『ホテルにディナーなんてショボいから、ジェットの彼に乗り換えるわ!』と男を選んでも辻褄が合う。

手に入っていないものを心配するのは、時期尚早・・・!

仲間内でよく使用される便利な枕詞が、『いらん心配』である。

これをつけておけば、どんな妄想でも話が成り立つ、魔法の言葉なのだ。

【使用例】
『いらん心配なんだけど、彼に告白されたら断るわ~。服がダサいもの!』

『いらん心配なんだけど、プロポーズされたくない!まだ結婚したくないのよ~』

最近では私の友人が、『いらん心配なんだけど、あなたの本がドラマ化されたら主演は誰にするか?旦那と昨夜考えてたのよ~!』

おお、是非とも実現していただきたい!このように、どれほど大それた事でも堂々と口に出すことができるのでおススメする・・・。

created by Rinker
¥842 (2019/10/23 23:55:53時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク