合コンでの女友達の厄介な行為は、嫉妬でも泥酔でもなくドタキャンだ・・・

『すまーん!助けて!』A子(アラフォー)から緊急ヘルプが入った。

翌日の合コンメンバーにドタキャンが出たようだ。いつもならすぐに代打は見つかるが、今回に限っては運悪く全滅。

『会費は私がその子の分も出すから、30歳前後の子を1人お願いっ!』

A子よ、男前すぎるだろう・・・。代金は個々の支払いでいいのだぞ。私は婚活中の友人に連絡をし、すぐに1人が見つかった。

これにて安心・・・!無事に当日を迎えたのだが・・・合コン開始30前にA子からメールが届いた。

『もう一人ドタキャンがあったんですけどー!こんなギリギリに!もう疲労しかないわ・・・!』

なんと・・・!今度は別メンバーからの直前ドタキャンだ。開始30分前、もはや『ごめんなさい』しかないだろう。

男性幹事に伝えると、『仕方ないけど、何とか1人呼べないかな!?』とのこと。

今から来てくれる子を探すのは困難だ。『B子ちゃんとか、C子ちゃんはどうかしら!?』A子が候補の名前を出してきた。

B子もC子もアラフォーである。希望年齢から大幅に外れているぞ。

『もう、そんなことを言ってる場合じゃないわ!』確かにその通り、緊急事態である。

各方面に連絡をするA子。私もダメ元であちこちに連絡。

『あと30分後ね!私は行けないけど、ダメ元で2~3人に聞いて連絡するわ!』協力的な友人も登場し、命のリレーが始まった。

そうこうしているうちに時計の針は着々と時を刻んでいく・・・。次々と届く、『今日は行けない!』の知らせ。そりゃそうだ。今日どころか、30分後である。

もうダメだな・・・。万策尽きた思いでスマホを眺めると、『見つかりました・・・お騒がせいたしました・・・!』A子から奇跡の連絡が入ってきた。

時刻は合コン開始1分前!『全米が泣いた』という文字が頭の中に浮かんだ。

下らないと思われることでも、真剣に取り組むと感動するもだ・・・。

それにしても開始時間ギリギリまでメンバー探しに奔走してくれるA子の誠実さに感銘を受けた。

30分前なんて移動しているか、化粧直しの1つでもしている頃だ。『ごめーん!急すぎて見つからなかった!』の一言で片付けられる案件である。

急なドタキャン対応は、責任感ある幹事にとって一番の難所。

A子は絶対に遅刻もドタキャンもしない女である。幹事の気持ちが痛いほどわかっているからだ。

無責任なドタキャンを繰り返す者はたいてい、幹事経験がほぼない・・・!

スポンサーリンク