婚活に料理の腕は必要なのか、家事をしない場合の対処法

料理を一切しないまま、結婚した私。ガスを使うこともなく、物置となっていた台所・・・。心改めた事例がある。

家事を手伝ってくれるプロが、産後の行政サービスでもたらされた。やってきたのは、派手な美人・A子さんである。(50代)

華やかな風貌からは家庭のイメージが全く湧かない、こんな美魔女に赤ちゃんの世話なんてできるのか。

と、思いきや・・・!優しく息子に話しかけ抱き上げる姿は、ベテラン母さんそのもの。

『何を食べたい?料理は任せてね!特に和食は大得意だから!』

我が家の狭い台所にて、手際よくサクサクと料理開始。コンロが一つしかないから、シンクが狭いから、調理器具が少ないから、一切の言い訳が今後できないほど、 スムーズな作業。

リクエストされたものを完璧に作り上げ、味も最高ではないか・・・。私はあなたと結婚したい!!一気に彼女に惚れ込んだ。

『何を言ってるのよ~。私はこれしか取り柄がないからね〜!』

いやいや、この取り柄こそ生活する上で最重要となるのでは。
他人の子どもの面倒をみたり、美味しいと言われる料理を作れるだろうか?しかもお金を貰えるレベルで・・・無理だ!

同じオカンパワーを持つ、友人B子(アラフォー)がいる。彼女は人の世話が大好き。それに一切の見返りがない。

自分の子ども達を小学校に見送ったあと、1時間かけて我が家まで自転車をこいで来てくれた。

A子さん同様、リクエストを聞きサクサクと料理を開始。レシピは全て、体が覚えている模様・・・。 しかもB子はビジネスではなく、友人なので完全無料サービス。

『小さいうちは子育て大変でしょ~!美味しいって言ってくれるだけで嬉しいよ!』

自身も子育て中なのに、隙間時間に料理を作りに来てくれるなんて無償の愛・・・!

B子は20歳くらいの時から一人暮らしをしていた。三食自炊をして東京の家賃を払いながら、結構な貯金も貯めて留学までしたしっかり者である。

そんな彼女は若くしてさっさと嫁にいった。A子さんとB子には共通の口癖がある。『お腹空いてない?なんか作ろうか~?』

作るのが大好き!喜んでもらうのが大好き!包容力・ダダ漏れである。

料理なんてできなくても結婚できる!・・・と思ってはいたが、女子としての基礎体力はナメてはいかんな・・・。

時を同じくしてC子(独身・アラフォー)からメールがきた。『私、料理教室に通うことにしたのー!すごいでしょ!』

・・・嫌な予感がした。まさか婚活のための自分磨きでは!
好きで通うのはもちろん結構だがその前に一人暮らしでもして自炊をしたほうが腕前が上がる!

『ヤバイ、その通り!皆に発表するつもりだったよ・・・!』

危ない、危ない。実家住まいの家事しないアラフォー女子が料理教室に通い出したところで、『うわぁ~!女子力高いね~!』とはならん。

むしろ料理しない疑惑まで出るじゃないか。B子のように20歳そこそこで家庭料理をプロ級に作る者もいるのだ。

ちなみに私も全く料理をしないので、出会いの場ではあえて話題にも出さなかった。弱みを一切、見せないことも婚活・・・!!

恐怖の婚活回想記 知ったあなたは最短ルートで結婚!

恐怖の婚活回想記 知ったあなたは最短ルートで結婚! [単行本]三重県KADOKAWA2017-01-26

スポンサーリンク