婚活中に歳を取るという恐怖に比べたら、日常の生活の困りごとなどハナクソである

動物の生き様がテレビで紹介されていた。魚のニシンが群れて泳いでいる。

その姿、1匹1匹が弱々しく、互いに身を寄せ合いながら・・・。

すると、魚群を襲う天敵が現れたのだ。地上の生き物のくせに、魚よりも早く泳げるという、憎たらしい奴であった。

これでは水中に住まう魚の面目が立たない。あぁ、ニシンが食われていく・・・!  食べられ放題、されるがままだ。

私は切ない気持ちでテレビに釘付けとなる。

ニシンは危険を察すると1箇所に集合し、  大きなボールのようになった。

『これは、身を守るための行動です』

ナレーション虚しく、どんどんニシンは食われていく・・・。 スイミー作戦、失敗!!全く身を守れていないぞ。

そりゃそうだ。こんなに目立ってしまっては、『エサはここでっせ!』とアピールしているようなもの・・・。

そんな魚群に、二次災害が。今度はカモメの群れが水面からやってきたのだ。

上からカモメ、下から天敵。、泣きっ面に蜂! 挟み撃ちの大惨事である。

『壮絶なバトルです』ナレーションが入った。

・・・違うだろう、壮絶なイジメだ。一方的にやられ放題で、  バトル感はゼロ。一切の反撃なし。

何故、こんなにヒヤヒヤするのだろうか?私はニシンに、  
己を投影していたのだ・・・。

魚群が痛めつけられる姿は、  自分そのもの。婚活、家賃、実のない合コン、孤独、次々に襲いかかる将来の不安。

こちらを守っても、こちらからも敵が。  四方八方から矢が飛んでくるのだ。

ニシン(自分)よ、一匹でも多く生き残ってくれー!そう願っていた時である。

カモメ、ニシン魚群、天敵、それら全てを、 一瞬にしてクジラが飲み込んだ・・・!

今まで映っていた生き物は全ていなくなり、画面はキレイになった。圧巻の映像だ。

壮絶なイジメも、少し遠くから見たら小さな世界。

目先のカモメに夢中になってもっと恐ろしい敵を見失ってはいかんのだ。  

恋愛本にて、こんなフレーズがあった。『小競り合いで勝って、戦争に負けたら意味がありません』

まさにこれである。目先の勝利にうつつを抜かして、本来の目的から遠ざかっては意味がない。

クジラは婚活で例えると、『時』であろうか。

辛い合コンが10回、100回あったところで所詮はカモメとの戦いだ。ここでくたばると、クジラ(時)に飲み込まれる。

スポンサーリンク