美人女医が本気で婚活してみたら

女医のA子(アラフォー)が決意した。『私、婚活するわ!具体的に何をしたらいい!?』


ここ数年は仕事一筋に燃えていたため、手持ちカード・ゼロの彼女。私も紹介できる物件がいないので、婚活パーティかお見合いかネットか・・・と作戦会議を開始。


しかし彼女は休みがほとんどない上に、毎日のように深夜勤務。たまの休みは疲れ果てて倒れ込む。いつ男性と出会ったらよいものか・・・。


~4ヶ月・再会。


あの生活では何もできないだろうな・・・そう思った私が甘かった!すでに結婚相談所に入会し、数件のお見合いを経験済み。


さらにネットもパーティも手出しをし、一通りパトロールをこなしていた。どんなに時間がなくとも、やる気のある者は動くのだな・・・。さらに驚きの発言。

『私、来週から時短勤務にしたわ!』なんとー!これではいかんと開眼し、週3勤務に変更したというのだ。もちろん、婚活のために。


本気の女は仕事量を減らしてでも、出会いの時間を捻出してくる。(職場との信頼関係があるため有効)

元々恋愛体質の彼女なので、すでにお気に入りを見つけていたのだ。さすがである。

アラフォーともなると、生活の変化を嫌う者が多い。やった方が良いということも、止めた方が良いということも、なかなか動けない。


ましてや仕事や生活に繋がる項目を婚活のためにサッと変えるのはなかなかの決断である。


ちなみに彼女は少し前に、居心地のよい実家を出ることもしている・・・。変化に変化を重ねた一年である。


今後はどのように動いていくのか、ああだこうだと再び作戦会議をした。きっと次に会ったときには、また何かが変わっているのだろう・・・。

A子の例は非常にレアで、『何も変えたくないが、結婚はしたい!』と願うアラフォー女子の方が圧倒的に多い。


口では『私ヤバい、どうしよう〜!』とは言うものの、リスクを負ってまで結婚したい訳ではない。辛く面倒な婚活をするくらいならば、何だかんだで現状維持が心地よいのである。


本気の者は変化を恐れず、次の瞬間からダッシュで動き出す。

スポンサーリンク