婚活で職業・名前・年収などの個人情報を知られたくない

『初対面の人に年収って聞かれたことある・・・?』女友達が言いだした。どうやら、合コンで憔悴したようだ。

聞くところによると、前情報ではアパレル系男子が来るとのことであった。お洒落な男性陣なのだろうと予測して胸を弾ませる。

ところがやってきたのは、長州小力さん(以下:コリキ)のような面々。何かがおかしい・・・!野生の勘が働いた。予感は当たり、彼らはアパレルではなかった。

それどころか、職業も頑なに言おうとしないのだ。そこまでお前の情報に興味はない。無駄に勿体ぶるのもよしてくれ。

偽情報で登場した自分たちは棚に上げ、女性陣の年収をしきりに尋ねてくるではないか。

『君たち、年収はいくらなの~?』コリキよ・・・何を言い出すのだ。 『普通のOLですから、そんなに多くないですよ』はぐらかしてみるも、彼は執拗に支給額を尋ねてくる。

女性陣が口を閉ざしたので、彼は別の作戦に出た。『じゃ、俺が年収いくらだったら、結婚してもいい?』

どうやら年収を聞かれたいのは彼のほうだった。『俺、こんなに稼いでまっせ!』トークに持ち込むための前座であった。

コリキが望む質問が出てこないので、自ら遠回しに導いてきたのだ。興味のない男からの、しつこい質問に女性は辟易。

『う~ん、生活できれば、いいんじゃないですか?』力なく答えてみるも、コリキは納得しない。

『生活できるって、どれくらいの金額?いくら?』コリキの連続攻撃!もう、逃げられない。

『月に25万もあれば生きていけるんじゃ・・・』女性陣の適当なコメントに、『俺、全然大丈夫だぜ!』と、満足げな彼。

そこで事切れたのか、泥酔して床に倒れ込んだ。彼の年収は謎のままで・・・。

年収トークの間に、『俺、酒が強いんだぜ!』とちょいちょい挟みこんできたのは誰だ。

コリキが道を塞いで寝てしまったので、女性陣が飛び越えて帰ったそうだ。

街で見かけた風景なのだが、オジサンが店員に向かって怒鳴っていた。

『俺の個人情報はどうなるんだ!!』誰もあんたの情報は欲していないと言いたい者に限って異常に気にしているという不思議。

婚活でもどうでもいい者に限って、素性を頑なに言おうとしない法則。会話の潤滑油に過ぎないわけで、別に悪さをしようとしているのではない。情報の開示はバランス良く行いたいものだ。

スポンサーリンク