相手の名前をど忘れした時に、さり気なく聞き出す方法

『あー!久しぶりーーっ!!

見知らぬ人物に声を掛けられた。歳は私と同じくらいのアラフォー女性だ。学生時代の同級生か?

私は顔を覚えるのが非常に苦手で、クラスメイトの顔を夏休みに忘れた過去を持つ。20年近く経っているのだ、存在ごと忘れても無理はない。

『あなた誰ですか?』この勇気を瞬時に出せなかったので、エライことになったのだ。

彼女はどんどん話しこんでくる。『急に連絡が取れなくなったから、心配したんだよー!?アドレス変えた?』

ん?私が地上から消えたとなると、婚活時代のことだな。あまりにやさぐれて、既婚者と距離を置いた時期がある。

それにしてもアドレスなんていつ変えたかな・・・ずっと同じはずなのだが。

『マコちゃんも会いたがってたよー!』

お、手がかりその①が出たな。マコさんという人は知っているぞ。昔のアルバイト先の先輩である。・・・となると、この人もバイト関係だな。

それにしても、マコさんと私は全く親しくなかったのだが・・・。寄る年波に心が弱って、ただの知人ですら会いたくなったのであろう。

何だか私も、マコさんに会いたくなったぞ。しかしまだ、目の前の女性が何者かわからない。

彼女は近況を語り出した。麻布十番に住んでいて、子供がいるとのこと。何とか次の手がかりが欲しいのだが、まるで思い出せない。

ここまで聞いても記憶にないなんて、婚活時代の合コン相手並である。私の脳ミソはイカれてしまったのか。

ノリノリで会話してしまったし、今更あんた誰だい?とはますます言えない。最初に白旗あげておけばよかった・・・!

『そうだ、LINE教えてよ!もう消えないでよ〜!』

助け舟キター!連絡先を交換したら、彼女の名前がわかるぞ。顔を覚えるのは苦手だが、人のフルネームはあまり忘れない。

これで誰だかようやくわかる。彼女と私の関係を知りたい・・・!LINEが交換された瞬間、全ての謎が解けた。

謎の女性の顔が急に曇ったのだ。『誰だ、こいつ!?』顔に書いてあった・・・そう、彼女の人違いだったのだ。

彼女の名前を見て、私も確信した。人生のどこにも関わったことがない人物だ。

人の名前がわからない時は、『ところで、お名前は何でしたっけ?』と聞くとよいそうだ。

『・・・え?佐藤ですよ?』と言ってきたら、『そんなの知ってますよ〜(笑)下の名前です~!』

覚えていることは前提!を装えるので、非常に聞きやすい。

私が婚活時代にやさぐれていなかったら・・・、マコさんと知り合いじゃなかったら・・・、すみませんが、どなたですか?の一言が言えたら・・・!!見知らぬ人の時間を奪わなくても済んだかもしれない。

間違って声をかけたはずなのに、何故か親しげに返してきた女。『あの人、どこの誰なんだろう!今更、聞けない!』謎の女性にジョーカーを渡してしまった気分だ・・・。

私だけがスッキリして申し訳ない、我々は全くの他人だと教えて差し上げたい。以上、六本木ヒルズで起こった謎の出来事である。

誰だかわからないときは開口一番に聞こう、君の名は?と。

スポンサーリンク