婚活開始に年齢の言い訳はいらない

雑誌の記事でこんなのを見つけた。

『年齢を言い訳にする女性はもったいないね。諦めたら、全て終わりでしょ?』

おお、安西先生がこんな所にも出没されるとは。

確かに婚活界での年齢問題は恐ろしい。医学的には元気で若くとも、数年前とは勝手が違ってくる。

深夜まで飲んでも平気であったのに回復に時間を要するようになると、時の流れを感じてしまう。

年齢を知った途端に、態度が変わる男たち。20代を連れてきて!と、のっけから除外されることもある。

自分は何も変わっていないのに、少しずつ周りが変化していく・・・・。結婚相談所に入会した友人が、このように言っていた。

『24歳が最高値、27歳までは売り時。28歳で男性と同等、29歳以降は選ばれる努力が必要!』

これが肌で感じた、お見合いの現実なのだそうだ。昔のドラマで松嶋菜々子さんが、『27歳は女の最高値よ!』と仰っていたが、見事に婚活界を示している。

こういった現実がある中で、『年齢を言い訳にするな』というのもな。

コテンパンになった夜は、歳のせいにしたいこともある。いや、していた。

・・・ところが、『私はもう歳だから婚活するはちょっと』と言い訳になってくると話は別だ。

結婚したいと熱望しているのに、何故だか一ミリも行動していない。

動きたくない=傷つきたくない!家に引きこもっているのは傷付かずに安全ではあるが、1分、1秒と、死に向かっている・・・。

焦っているのに何もしないなんて、そっちのほうが怖くないのか・・・。家でゴロゴロしているその瞬間、街で出会いを探せる、指を動かせばアプリでマッチングもできる。


『今日が一番、婚活に最適な日です♪』これまた何かの記事で見かけたフレーズである。『今日が一番若い』の婚活版だ。


ダイエットに代表されるように、いつか結果を出そう出そうとしても、結果に結びつかずに何年も経過してしまう。

先延ばせば延ばすほど、代謝も落ちて痩せにくいカラダに。婚活も同じく延期すれば延期するほど、人生代謝は鈍くなる。

1日でも早いほうが負担が少なく結果も早い。

何歳になっても、安西先生を思い出して・・・。諦めたら、そこで試合終了ですよ。

スポンサーリンク