結婚はいつかするものではなくて、必ずするものだと思っていた

師匠A子(20代)が言った。『10歳くらい上の世代の女の人ってさ・・・結婚しなくても、別に構わないと思っているよね?』・・・む、鋭いところにお気付きである。表向きでは『結婚したい』とは言うが、『何が何でも、結婚!』という者ばかりではない。

・理想に合う人がいたら、してもいいかな・・・。
・結婚はまだいいから、恋愛してトキめきたいな・・・。

私の周りにも、沢山いる。そんな女たちを見て、若い世代が不思議がっていた。『結婚は「いつかするもの」ではなくて、「必ずするもの」と思っていたのよ。だから、いかに有利な時に成せるかで、動いていたもの!』

師匠の中では、婚活は夏休みの宿題と同じ。いつか必ずするものは、先に済ませる。・・・うーん、しっかり者!実際、彼女は20代にして婚活⇒結婚⇒出産済み。あと10人くらいは生めそうな逞しさだ。

彼女は結婚だけがしたかった訳ではない。夢があり、学校に通う予定を立てていた。やりたいことを思い切りやるにも、まずは足場を安定させてから!という強い意志があり、婚活を最優先したのだ。(しかも、勉強をしながらの婚活!)

全てを計算通りに進めており、人生設計が見事で脱帽するばかり。人の気持ちなんて、月日と共に移ろいでいくもの。しかし師匠は未来の気持ちの変化まで全てを予測し、計画を進めていたのだ。

『今はまだ若いし遊びたいし、落ち着いてからいい人と結婚しようかな~』このように、ぼんやりした計画は一切なし。幹(人生の重要なもの)をしっかりとさせてから、枝葉(欲望)の部分を付けていった。

『幹』は結婚や出産だけではない。『これ!』と言える、キャリアや仕事。趣味や特技でもよい。幹をしっかりさせてから、枝葉をつけるも人生。枝葉を増やしてから、幹を探すのも人生。

しかしこんな例もある・・・バリバリのキャリア女子B子が、『仕事が好きすぎて、絶対に辞めたくなかったの。でも子供が産まれたら、こっちに夢中よ!』幹の部分は、急変することが多々ある。女とはコロコロ気が変わる生き物であった。それもまた、人生・・・。

スポンサーリンク