『ご報告』が怖いの巻

友人の結婚披露宴があった。アラフォーにて、華麗なるゴールを迎えたA子。挙式の準備から気合が入っていたので、こちらも楽しみにしていた。当日は席札の裏にメッセージが・・・。

『出会ってから婚約まで、1年もかからなかったわ。スピード婚ってあるのね~!』

そう、出会ってから入籍まで1年未満。理想的なスピードにてコトは進んだ。以前は婚活の泥水を飲みまくって、心身ともに衰弱していた頃もあった。そんな時、A子は仙台に転勤になってしまったのだ。

あんなに弱った状態で、大丈夫だろうか・・・!彼女と一切の連絡が途絶えた。皆で心配していた、生きているのかと。音沙汰のないまま、数カ月経った頃である・・・。

『お待たせ!最後の1人、ついに結婚したわー!!彼女はグループ内・最後の独身)

仙台に行った途端、水を得た魚のようにメキメキと力を発揮して、あっさり結婚・・・。仕事も趣味も、絶好調で楽しんでいた。弱っていた日が信じられないほどのV字回復をしていた。

『いや~わかりやすいわ!弱ってる時はA子から、しょっちゅう連絡がきてたのよ!』

友人たちは、笑いあっていた。・・・そう、女というもの、元気な時はわざわざ連絡を寄越してこないのだ。そして突然、『ご報告』と幸せな知らせが来る。便りがないのはよい便りとは、よく言ったものだ。

昔は久々に友人から連絡があると、何だかヒヤっとしたものだ。『絶対に、いい知らせに違いない・・・!!』どんどん取り残される焦りしかなく、人の幸せなんて喜ぶ余裕はゼロ。

早くに結婚した友たちよ、すまない・・・!女の人生、時期によって色々あるなんて若いうちはわからなかったのだ。結婚するか否か、二種類のみ。

アラフォーにもなると、結婚、離婚、出産、病、介護、子供のあれこれ・・バリエーションはぐっと増える。健やかなる時も病める時も、各自バラバラのタイミングで来るものだと遅ればせながら知った。もう『ご報告』は怖くない・・・。

スポンサーリンク