全米が震えた!酒池肉林な合コン物語

数々の泥水を飲んだA子から、被害報告がきた。『今日は本当に・・・悲惨な合コンだったわ!!!』あまりに辛かった上、帰り道も雨に打たれた。雨だか涙だかわからないものが、頬を伝ったという。

・・・乱れた宴であったようだ。ある者は乳首、あるものは股間に夢中。何が起きたら、そのような流れになるのか。どこから聞いていいのか、私も混乱した。

それは、3対3の合コンであったようだ・・・。泥酔した人妻が2名、30分遅れてやってきた。人妻B子とC子だ。二人とも口数が少なかった。様子がおかしくなったのは、23時を過ぎたあたりである。

B子が男性に『あ~ん』と料理を食べさせ、C子はワイングラスをに押し付けて、強引に飲ませている。ふむふむ・・・私は手に汗握りながら聞いた。B子がポテトを男性の股間に投げつけ始めた。こら、食べ物を粗末にしてはならん。

気付けば、彼の股間に顔をうずめているではないか。(注※着衣のまま)ポテトからの進展が急すぎる。段階を飛ばすにも程があるだろうに。

・・・B子は動かない、息をしているのだろうか。すると、1度だけ顔を上げた。半顔だけという、平泳ぎタイプの息継ぎであったそうな。

一方でC子は自身の膝の上に男性を乗せ、彼の乳首を触りだした。『乳首~乳首~』と嬉しそうに叫びながらというので、恐怖!気がふれたとしか思えないのだが、さらに片手でもう1人の男の乳首までも触りだした。両手で操る二刀流、もはや忍者。

A子はドン引きして遠巻きに見ていた。すると男性から、赤ワインをスカートにこぼされてしまった。今日は悲惨だ・・・泣きそうになっていると、別の男性からもトマトソースのパスタをブーツに落とされた。

奮発して買ったブーツがもう履けないほど、着色されてしまう。我慢できずに文句を言うと、なぜか人妻B子が激怒。『何怒っているの!?それぐらいで!!!』再び、股間に顔をうずめた・・・悲惨すぎる!

『地獄絵図』であったとぼやくA子。確かに、その場にいたら逃げたくなるだろう。翌日、人妻B子より『昨日の飲み会アリだったでしょ!?』と、謎の連絡が来たようだ。『息はできましたか?』と返信しろと勧めたが、メールする力も失ったようだ。

まぁ、滅多に見ることがない大道芸を見たことにして、汚れたブーツは厄落としとして、捨てなされ・・・と慰めた。書いてみると何だか愉快な仲間たちみたいになってしまうが、当日は怒りで眠れなかったA子。彼女に幸あれ・・・。

すると、追い打ちメールが・・・!『会計的なサムシングで、女性6000円回収しま~す!』A子が参加していない、二次会までの費用までが含まれていた。不幸は三人乗りの船でやってくると聞いたが、本当であった。まだまだ、悲劇は終わっちゃいないようだ・・・。

スポンサーリンク