人間のオスは繁殖のチャンスが多い件

『人間はだいたいの男に、繁殖のチャンスがある』テレビ番組で、生物学者が語っていた。婚活で苦労する女が多い人間界だが、ヒト以外の動物はオスが苦労をしているらしい。

例えばアザラシはオス1頭が100頭のメスを率いる。そんなに持っていかれたら、他のオスは取り分ゼロ。一生交尾をせずに、殆どのオスが死んでいく。遠くでハーレムを眺めるだけの人生だ。

1対100・・・いくらなんでも、多すぎやしないか。ちょっと分けてやれ。私はアザザラシのゴマちゃんが好きなのだが、こんな欲深い動物だったとは・・・。

アンコウに至っては、もっと激しかった。オスがメスの体の一部になってしまうのだ。オスの心臓&脳は無くなり、自我は崩壊。メスの血管から、栄養を供給されるだけの存在となる。考えるだけでも、おぞましい出来事である。

深海ではオスとメスが出会う確率が極端に低いので、繁殖チャンスを逃さないように、一体化してしまうそうだ。己を失くしてでも、子孫繁栄に貢献するとは・・・。なんて責任感なのだ、アンコウよ。

出会いがないとは言っても、深海よりはチャンスが多い人間界。男女が融合する必要もなく、別々で生活していける生き物でよかった。心を失って、他者と一体化するくらいなら・・・例え深海で生活していても、1人で彷徨いたい。

また、モテ男ほど早死にするバビルサという動物が出てきた。牙が長いほど、バビルサ界では女にモテるようで、牙が伸びすぎて自身の眉間に突き刺さり死ぬことも。モテ男の悲劇である。

人間だって首が長い女性が人気の地域もあるし、耳が長い女性がアツい国もある。日本でもコケシ顔が人気の平安時代から、パッチリ二重が人気の時代もある。国、時代によって、美醜の基準は様々なのだな。

人間はイケメンほど早死にすることはなく、繁殖のチャンスもいっぱい。男性たちに有利な世界である。

スポンサーリンク