【イベントレポ】両国プラレール駅に行ってきました!

ママ友軍団(2歳児の母)と、
プラレール展に行ってきました!!

大きめなプレハブ小屋がある・・・、
と思ったら会場ではないですか。

何とも可愛らしい看板〜。

40D318C7-D2E6-463C-BCAF-BB553CB65047

足を踏み入れると、そこは夢の国。
まずはグッズたちがお出迎え。

予習で読んできたブログを思い出しました・・・。
ここは転がって泣き叫ぶ子供が何人もいたという、
危険度MAXのゾーンに違いなし。

確かに納得のラインナップ。
これでもか!という種類の電車が売っています。
無傷で通過するのは至難の技とみた・・・。

『修羅場が起きると思うけど、許してくれ・・・。』

ママ友は何かを察知したようで、
このように呟きました。(予感は確信に変わる)

奥へと進むと、どどーんと展示物たち。
実際はこれの3倍くらいありました。⬇︎

3D2C8FAF-4712-4605-ACC8-90FA755975B6

※公式ページから借りました

さらに奥へと進むと、ガーガーガーガー凄まじい音が。
どえらい数の電車が走っています!プラレールで街ができているー。圧巻です。

7492CF16-A3B4-48F5-A337-03C60E9CF8B2

※イメージ写真・公式ページから借りました

ここで第一の悲劇が・・・。

あまりに魅惑的な電車たち。
ちびっ子たちが手に取ろうとするのです。

ところが展示物に触れてはならない。

『触っちゃだめーー!!!』

怒られて泣きわめく男子もチラホラ。

ここで救済策となるのが、
隣接しているコーナーです。

30分、500円にて触り放題、やりたい放題。
好きに遊んでいいというスポット。

ここにブチ込むしかない!!
母たちは息子を送り込みます。

ここで第二の悲劇が・・・。
スペースは広くはありません。

付き添いの親に、多くの子どもたち。
所狭しと並べられた線路に電車・・・。

人口密度の高さに加えて
やれオモチャを奪うだの、ちびっ子にぶつからないようにだの、
あれこれ気を遣いママ友たちは疲労困憊^^;

これとは逆に、
自由に遊べる喜びを手に入れた彼ら。キラキラと輝いております!
・・・30分などあっという間。

もうすぐ時間だな・・・という頃、
何かを覚悟する母たち。

どうやって楽園から外に出すのか。

案の定、まだ残りたいと泣くも、
引きずられるように連行されていく男子たち。

これは全て、夢だったんだよ・・・と言わんばかりに
一気に出口まで担いでいく者あり。
好物のジュースやおやつで誤魔化しながら誘導する者あり。
人によって様々な方法にて、
天国から現実へと引き戻していました。

子どもにとってはパラダイス。
親にとっては体力が必要な場となります。

(聞き分けのできる子の場合、この限りではない。)

私は平日行きましたが、混雑です。さすがTOKYO、さすがプラレール人気。

開催期間

2/9(土)~4/7(日)

開催時間

<平日>11:00~19:00(18:00 最終入場)
<土日祝>9:00~17:00(16:00 最終入場)
※天災地変またはその他の予期せぬ事由が発生した場合、開催日を変更する場合がございます。

会場

JR 両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」特設会場

料金(税込)

<前売り券・当日券共通>
大人(中学生以上) ¥1,000(ドリンク付き)
小人A(3歳~小学生) ¥1,800(アトラクションコイン2枚付き)
小人B(3歳~小学生) ¥3,500(アトラクションコイン2枚+キッズTシャツ※大江戸線・両国駅はエレベーター工事中でした(ベビーカーは運んでくれます)
※ベビーカーでの入場不可、野外に置場はありました。

スポンサーリンク