【11ぴきのねことあほうどり】裸の王様化防止に

強気で有名な女子社員・A子(アラフォー)がいた。出会いが欲しいと言うので、上司のお見合いオジさんが合コンをセッティングしたのだ。ところがA子だけ一段高いところから、『下々の者たち、頑張ってるわねぇ〜!』的な態度に終始していたというのだ。

職場では仏と呼ばれているお見合いオジさんも、『A子ちゃんはちょっと難しいな〜、一歩も二歩も引いて見ているんだよねー!本気で参加してこないんだよ。』サジを投げた。

・・・意外であった。彼女はむしろ常識人に見えたし、謙虚な女子だと思い込んでいた。その理由は、A子の風貌がドラクエのモンスター・ボストロールに似ているということから、『ボストロール』や『丸(まる)』という異名で三枚目キャラとして親しまれていたのだ。強気なボストロール・・・!本当に強いじゃないか!お見合いオジさんも驚いた本性であろう。

そんな彼女と何かの折に雑談する機会があった。恋愛トークに花が咲き始めると、異変が現れた。『うーん、B君は抱かれてもいいかな!C君だとゴメンなさいだけどね!』抱かせてくれと頼まれてもいないイケメン社員を例に出し、勝手に裁きを下しているではないか・・・!職場の人間なので妙に生々しい。名前を挙げられた彼らも流れ弾である。

ダウンタウンの松っちゃんの記事で、こんなようなものがあった。『抱かれたい男なんてランキングを出すなら、こっちが抱きたい!と思うグレードの女から調査してくれ!』えらく衝撃を受けたと記憶している。そうか・・・心の中だけは誰にも侵されずに自由だが、外に出すにはTPOを考えねばならんのだ!

そんな時に⇨『11ぴきのねことあほうどり(馬場のぼる)』

『自分の方が立場が上だ!』この思想には何の根拠もないどころか、思い込みの可能性すら高い。この絵本では、ドンデン返しによって主人公がトホホな展開となる。しかし現実の世界では自分の立場が危うくとも気付くキッカケはほぼなく、裸の王様となってしまう。そう言えばボストロールは裸だったな・・・。

スポンサーリンク